田の原温泉

【じゃらん】 黒川温泉・宿の予約
【じゃらん】 杖立・わいた宿の予約
【じゃらん】 ペンション多い南阿蘇・宿の予約
【じゃらん】 阿蘇・内牧宿の予約

【JTB】るるぶトラベル(出張&レジャー宿泊予約)
  • 旅館大朗館 について(田の原温泉)

    田の原川沿いの静かな宿。手作りの料理でおもてなし。
    住所 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺7130 TEL 0967-44-0908 公共交通 JR阿蘇駅から50分小国送迎車12分(要連絡) 立地 渓流沿い 料金 1泊2食11000~18000円,1泊朝食5000~7000円 クレジットカード カード不可 チェックイン・
    チェックアウトチェックイン  15:00
    チェックアウト 11:00 建物 鉄筋・鉄骨 3階建て 開業:1900.  改装:2000.12 客室 10(和室10室/うちバス付0室) お風呂 大浴場/露天風呂/貸切風呂 周辺レジャー ゴルフ/スキー・スノーボード/釣り/ハイキング
    大朗館

    泉質:弱アルカリ性、無色透明、熱め
    温泉の種類:
    ロケ地度:★★★★★
    入浴料:500円
    宿泊料金:平日・週末共通10,000円~13,000円。
     黒川温泉から下流に2km走り、田の原川沿いの素朴な宿「大朗館」に着きました。ここ田の原温泉も古くから湯治場として知られ、夏にはかじかの鳴き声や、ホタルの姿が楽しめます。100年の歴史を誇る大朗館は、なんと映画「男はつらいよ」の21作目(昭和53年)の舞台でもあるのです。


     映画の内容:いつものように東京の家を飛び出した寅さんは、九州の山奥の小国を訪れ、大朗館で宿を取ります。ここで、女性にふられてばかりいる青年(武田鉄矢さん)から慕われ、彼に恋愛とはなにかと説きます。しかし宿代を持たない寅さんは妹のさくらに迎えに来てもらい、小国を去ります。(以下略)

     テレビで寅さんゆかりの宿として紹介され、一躍大人気になったとか。私もちゃあんとビデオで見て行きましたよ!建物を含む川沿いの風景が映画の時とあまり変わっていないので、何だかほっとしました。当時の建物や雰囲気を壊さないように、と宿の方々の努力が伝わってきます。


     宿から顔を出されたのは、主人の犬塚さん・・・ではなくて北里さん。そういえばどことなく北里さんは、犬塚さんに似ています。犬塚さんは、雰囲気がオーナー本人に似ているので選ばれたそうです。だからかぁ~。ちなみにこの木の看板は、映画のスタッフが撮影用に作ったもの。映画で宿の名前をそのまま使うことは滅多にないそうです。そういえば映画で、堂々と「大朗館」の名前が出ていたなぁ。


     アットホームなロビーで、北里さんに映画撮影秘話をばっちり聞くことができました!

    北里さん:「山田英二監督がうちをロケ地に選んだ理由というのがまたあれでして、監督自ら数年前から足を運んで、何年たっても雰囲気が変わらないので、あまりはやらないひなびた温泉の一軒宿という設定をはめ込んだそうですよ。下見に来たマネージャーさんが隣の宿と間違えて打ち合わせを済ませ、本番の時いきなりうちにロケ隊が来てびっくりしたというエピソードもありました」

    ~出演者の方々のお話を聞かせて下さい~

    北里さん:「寅さんこと渥美清さんは、当時からちょっと体調がすぐれなかったようで、休憩時間のたびに横になっていましたね。役柄では割と豪快な方ですが、ご本人は酒も飲まない、わりと寡黙な方でしたよ。大朗館の主人役の犬塚さんがこれまたフレンドリーな方で、私の代わりにお客さんにコーヒーを出してくれたり、話し相手になったりと、サービス精神旺盛でしたよ~。撮影の後もプライベートで遊びに来てくれました。まだ新人で初々しい武田鉄矢さんは、オフの時はギターを弾いていて、あまり喋りませんでしたよ」

     何やら色々と現場の裏話を知っておられる様子です。ファンにはたまりませんね。温泉に向かう途中の階段で、俳優さんたちの写真やサインを見つけました。みんな若い~!

     さて温泉ですが、田の原温泉自体は数百年前からあったもので、川の中に泉源がある珍しい温泉です。多彩な成分と泉質を誇り、細川藩ゆかりの御前湯としても知られています。泉質がよいと評判の露天風呂「ほたるの湯」と「かじかの湯」、家族風呂もあります。


     オーナーの北里さんはとても音楽を愛しておられ、小国の音楽祭を主催されたり、作詞・作曲も手がけられたり、ふるさと南小国を思う歌をCD出版されたりと、なかなかエネルギッシュな方です。さて北里さんが唄われている「小国ロマン」を聞かせてもらいました。叙情的なメロディーに乗って、優しい声がロビーに響きます。地元FM局でも歌ったそうです。とてもお上手ですね!

     料理は阿蘇ブルーベリーワインを食前酒に、季節の筍、清流の川魚、珍味のシシ鍋、カモ鍋、手作りよもぎもちなどを出してくれます。温泉水で入れてくれたコーヒーも口当たりまろやかで、とても美味しかったです。

    ●お問い合せ
    大朗館
    阿蘇郡南小国町田の原温泉 TEL(0967)44-0908
    国道442号線沿い、日田ICから車で60分
    部屋数:14室、収容人数:50名

  • 旅館湯之迫 について(田の原温泉)

    旅館湯之迫 (田の原温泉)の宿泊プランです


    風呂の特色 男女別内風呂/男女別露天風呂/貸切風呂2(宿泊者専用)、貸切露天風呂1(宿泊者専用) 休憩施設 ロビー(無料付帯施設 土産処、自販機コーナー
    備付品 タオル(無料)、 バスタオル(なし)、 石鹸(無料)、 シャンプー(無料)、 ドライヤー(無料)



    交通 JR豊肥本線阿蘇駅から産交バス杖立温泉行きで45分、ゆうステーションで産交バス黒川温泉行きに乗り換え25分、田の原下車、徒歩5分
    交通(車の場合) 大分自動車道日田ICから国道212号・442号を黒川温泉方面へ45km
    営業期間・時間 通年 10:00~15:00(食事付入浴は11:00~13:00)
    休業日 無休(宿が満室の場合は不可)
    料金 入浴料=大人500円、小学生300円食事付入浴(要予約)=2時間4200円~/宿泊:2食付11550円~(サ別)
    カード利用 不可
    駐車場 15台(無料)

    住所(地図) 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺7135-1
    TEL 0967-44-0231
    旅館湯之迫 (田の原温泉)の宿泊プランです




***********************************************************

***********************************************************
6/26 黒川温泉の無料開放日だそうです。
入湯手形で入浴できる宿は時間帯によって混雑の状況が違うようです。
無料開放日は大混雑が予想されますので、前もって混雑状況を尋ねると いいかもしれません。
***********************************************************
【じゃらん】 宿の予約