万願寺温泉

  • 竹ふえ(蔵床温泉)について

    竹ふえの基本データ

    住所(地図) 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺蔵5725
    TEL 0967-44-0383
    交通 JR豊肥本線阿蘇駅から九州産交九州横断定期観光バス別府行きで50分、黒川温泉下車、タクシーで10分
    営業期間・時間 通年 10:00~15:00(食事付入浴は11:30~14:00)
    休業日 無休
    料金 入浴料=500円/食事付入浴=5250円~/
    カード利用 可
    駐車場 10台(無料)




  • 竹ふえ(蔵床温泉)の口コミ情報2005年 5月 20日

    いい旅館でした。 (竹ふえ)

    ただ、周りにはなにもありません。
    コンビニに寄って来ればよかった~と後悔・・・
    入ってすぐに、抹茶とお菓子のサービス。
    スタッフの方々も親切でした。
    お部屋は広く、露天風呂は半露天って感じで、
    外からの枯葉などが入り込んでくることなく、綺麗でした。
    ただチョットお部屋の照明が暗め。
    予約すれば、陶芸も無料教えていただけます。
    ただし、送料はかかります。
    それと、陶芸をするのなら4時までに旅館に入って下さいとの事でした。
    料理は、上品で美味しかったものの、コレ!!と言ったものは無く、
    食道楽の私達にはチョッピリ物足りない量でした。
    お値段は、、料理からすればチョット高め!?
    でも、静かで、イイ感じのお宿でした。

  • 瑞雲荘(満願寺温泉)について

    瑞雲荘の施設データ
    風呂の特色 男女別内風呂/男女別露天風呂
    飲食施設 食事処(12:30~15:00、要予約)
    休憩施設 個室(2時間2名3150円、追加1名につき1050円、要予約)
    備付品 タオル(無料)、 バスタオル(有料)、 石鹸(無料)、 シャンプー(無料)、 ドライヤー(無料)


    瑞雲荘の基本データ

    住所(地図) 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺志津上2321
    TEL 0967-42-0111
    交通 JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断定期観光バス別府行きで45分、満願寺入口下車、徒歩10分
    交通(車の場合) 大分自動車道日田ICから国道212号・県道40号を満願寺温泉方面へ40km
    営業期間・時間 通年 11:00~19:00(食事付入浴は12:30~15:00)
    休業日 不定休
    料金 入浴料=大人500円、小人(3~12歳)250円食事休憩付入浴(要予約)=4850円~/宿泊:2食付13950円~
    カード利用 不可
    駐車場 12台(無料)

  • 瑞雲荘(満願寺温泉)の口コミ情報

    大変でした (瑞雲荘)
    ほほ     評価:★★ 2005年 12月 4日
    お風呂上りに本館の階段で滑って大変なことに。階段も滑りやすければスリッパの素材もつるつる滑りやすい。その夜はしばらく起き上がれず、翌朝やっとの思いで運転して家に帰り着きました。これがお年寄りだったら大変なことになっていたのでは。宿の回りはお掃除されているようには見えず、お部屋から見えるお庭も枯れ木と雑草で、思わずカーテンを閉めました。けれど、お料理は美味しかったし、お湯もよかったので、もったいないです。


    静かな癒しの宿-料理も絶品 (瑞雲荘)
    えいすけ     評価:★★★★★ 2004年 2月 7日
    満願寺温泉にある小さな旅館です。小さな丘の斜面をうまく利用した建物で、渡り廊下の階段を少し上ったところにある風呂は、ともにこぢんまりとした、檜の内風呂と岩風呂の露天。少しぬるめのお湯は、無味無臭で肌触りも柔らかく、源泉を引き湯して、内風呂から露天風呂にかけ流しています。のんびりとお湯につかっていると、普段見過ごしていた、山の色や空の色、セミの声、そんな自然がすぐそばに感じられ、本当にリラックスできました。
     料理は、地の野菜をふんだんに使った、ご主人手作りの創作山菜会席。よく山の中の温泉旅館で、刺身が出されてがっかりすることがありますが、その対極にあるご主人こだわりの力作です。これが殊の外おいしく、福岡に店を出しても繁盛しそう。単なる立ち寄りでなく、泊まりで大正解でした。

  • 旅館藤もと(奥満願寺温泉) について

    旅館 藤もとの施設データ
    風呂の特色 男女別・男女交替制内風呂/男女別・男女交替制露天風呂/貸切内風呂2、貸切露天風呂2スチームサウナ
    付帯施設 自販機コーナー
    備付品 タオル(有料)、 バスタオル(なし)、 石鹸(無料)、 シャンプー(無料)、 ドライヤー(なし)


    旅館 藤もとの基本データ

    住所(地図) 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺金山6069
    TEL 0967-44-0057
    交通 JR豊肥本線阿蘇駅から熊北産交バス杖立温泉行きで45分、ゆうステーション下車、タクシーで25分
    交通(車の場合) 大分自動車道日田ICから国道212・442号を黒川方面へ約20km
    営業期間・時間 通年 12:00~15:00
    休業日 月~金曜
    料金 入浴料=大人500円、小学生以下300円/貸切風呂=1時間2000円/
    カード利用 不可
    駐車場 20台(無料)


  • 旅館藤もと(奥満願寺温泉) の口コミ情報2004年 4月 4日

    新緑がすばらしかった (旅館 藤もと)

    訪れた日が最高の天気だったせいか、ここはどこよりも最高の場所にあると思う。新緑が美しい春から夏にかけてが一番よい季節ではないだろうか。
    川沿いにあって、風呂に入りながら川のせせらぎを耳にし、新緑の間から差す日差しを浴びれば、日常の嫌なこと悩み事なんか一気に吹っ飛んでしまうほど。もう「きもちがいい」の一言に限る。
    何時間でも入っていられる温泉だ。

  • おおぎ荘(扇温泉) について

    温泉は弱アルカリナトリウム泉で65度と
    極めてよい泉質に恵まれ、
    特に美容、婦人病、神経痛、打ち身、
    慢性皮膚病などによいと言われています。

    【風呂施設】
    ■展望露天風呂(混浴)…1
    ■内湯…男女各1
    ■家族風呂(貸切)…3
    ■露天

  • おおぎ荘(扇温泉) の口コミ情報

  • 静泉荘(満願寺温泉) について

  • 静泉荘(満願寺温泉) の口コミ情報

    ◆家庭的なお宿

  • 和風ペンション まんがんじ山荘(満願寺温泉)の口コミ情報

    和風ペンション まんがんじ山荘(満願寺温泉)について

    2005-08-15 15:58:57
    お盆の期間で、しかも当日予約したにも関わらず、とても親切な対応でした。お部屋はとてもシンプルで喫煙場所が指定されているせいか、とてもきれいでした。
    お風呂はぬるめで、長く入るには良いのですが、少し物足りない感じがしました。
    でも、食事はとてもおいしく!地元の無農薬の野菜を使われているとのこと。満願寺ピーマン?!(ししとうとピーマンをかけあわせたもののようです)その割りに辛くもなく、焼いてそのまま種ごと食べられ、おいしい!!お肉もおいしかったし、自家製のお漬物もおいしかった。
    とても静かなところで、現実の忙しさから離れてのんびりしたい方にはお薦めです。

  • 旅館藤もと(奥満願寺温泉) の口コミ情報2005年 6月 8日

    のんびりできました(o^ー^) (旅館 藤もと)

    すごく静かな場所にあって、のんびりできました!温泉は、家族風呂が4つと男女別々の共同風呂が各1つづつあり、私たちは、3つ(全て家族風呂)入ってきましたよ。どれも種類が違って楽しめました☆洗い場が1つしかなかったのが、チョットだけ不便でしたが全然問題ナシ!!ご飯もサービスも良かったですよ。。

  • 旅館藤もと(奥満願寺温泉) の口コミ情報2005年 6月 19日

    時のたつのを忘れます (旅館 藤もと)

    川沿いに露天風呂があるため、川のせせらぎをききながら、新緑を眺め湯につかってきました。本当に心が癒され、時のたつのを忘れてしまうほどです。ここのお湯は川の目線でつかっているという感じなので、自然と一体感を味わうことができます。また、スタッフの方々も感じのいい人ばかりで、ほたるを探していた私たちのために、わざわざ暗いなかを見に行ってくださいました。お食事処や図書室から見える水田の風景もとても良く、ゆっくりのんびり自然に浸りたい人はお勧めです。


  • 旅館藤もと(奥満願寺温泉) の口コミ情報2005年 7月 24日

    緑と川のせせらぎ (旅館 藤もと)

    クチコミの点数がよかったのでちょっと行ってきました。男湯は長細い内湯と蒸風呂に露天が3箇所ありました。川沿いの露天は丸い岩風呂で、川から1m位の距離です。少しぬるめの湯温でしたが、川のせせらぎと目に優しい、緑との調和が絶妙でした。葉はもみじのようでしたので、秋に訪れたらきっと紅葉でもっと綺麗だろうと思いました。打たせ湯もあるみたいでしたが、どうやら壊れているらしく、稼動していませんでした。他の二つの露天は熱いのとぬるいものです。欲を言えば、折角蒸し風呂があるのだから、冷泉(水風呂)もあれば、もっと時間をかけて楽しむことが出来るのにと思いましたが、景観を考えれば十分オススメです。

  • 旅館藤もと(奥満願寺温泉) の口コミ情報2005年 8月 10日

    川のせせらぎが癒してくれます (旅館 藤もと)

    先日日帰りで行ってきました。
    内湯と蒸し風呂、露天が三つ(外にでて、すぐ二つの浴槽と少し降りた所の川沿いに一つ)。
    川沿いの温泉は少しぬるめでしたが、それだからこそゆっくりと浸かっている事ができ、ほんとうにボーっとできます。
    川のせせらぎだけが聞こえ、なんて贅沢なんだろうと思います。
    内湯は少し熱めでしたが露天と交互に入って何度も行ったり来たりしました。
    こちらも自分の中での是非一度泊まってみたい宿リストに追加しました。

  • 旅館藤もと(奥満願寺温泉) の口コミ情報2005年 8月 23日

    離れ (旅館 藤もと)

    離れに泊まりました。最初はとても感動していました。お風呂もとてもすばらしく、お料理も大変おいしく頂いていたのですが・・・。離れは二部屋あって一部屋に食事の準備がされてありそこでいただいていたのですが・・・まだ、食事をしているのに隣の布団を敷いた部屋に自分で残りの食器を持たされ移動させられました。女4人だったのでお酒もビール1本のみで18時から始まり19時38分には移動させられていました。さらに、二間続きの部屋で襖を閉められ掃除が始まりました。とても不快なこんなに不快な宿は有りませんでした。もちろんアンケートにもその旨を書かせて貰いました。

  • 旅館藤もと(奥満願寺温泉) の口コミ情報2005年 9月 25日


    温泉だけですが。 (旅館 藤もと)

    行き当たりばったり、何の予備情報ももたず偶々この旅館の前を通りかかり、カウンターで温泉のみの客も可ということを確認して風呂へ。いざ湯船に浸かってみると・・・。居るのは自分だけ。耳に入ってくるのは川のせせらぎのみ。目に入ってくるのは清流と鮮やかな緑だけ。ふと目を遠くにやると宿の隣は一面の田圃。日の光に稲穂がキラキラと輝いて・・・。良い処でした。

  • 旅館藤もと(奥満願寺温泉) の口コミ情報 2005年 10月 27日

    素敵なひととき (旅館 藤もと)

    一週間ほど前に宿泊しました。黒川温泉に程近いのに断然の静けさ。逆をいえばまわりはなーんにもないチョー田舎。部屋へ通されるとその清潔感と意外な広さにまず感心。お茶に出されたおはぎが品よく味も格別でした。お風呂は4つある家族風呂は残念ながら他の宿泊客が使っていたため入ることはできませんでしたでも他に男女4つずつ風呂があるのでこれだけで満足。川沿いの露天風呂は野趣あり。内風呂にある洗い場が3つしかないのは混雑時ちょっと不便かも。こんなに雰囲気のあるお風呂だから備え付けのシャンプー類は公衆浴場にあるようなでっかいポンプ式のものはちょっといただけなかった。夕食は素朴な会席料理。わーすごいというものはなかったがすべておいしく頂くことができた。朝食は田舎料理?のビュッフェスタイル。種類も味付けも満足いくもの。高いお金を出せばもっといい宿はたくさんあると思うがコストパフォーマンスではかなりランクの高いお宿だとおもう。

  • 和風ペンション まんがんじ山荘(満願寺温泉)の口コミ情報

    和風ペンション まんがんじ山荘(満願寺温泉)について

    2005-08-15 15:58:57
    お盆の期間で、しかも当日予約したにも関わらず、とても親切な対応でした。お部屋はとてもシンプルで喫煙場所が指定されているせいか、とてもきれいでした。
    お風呂はぬるめで、長く入るには良いのですが、少し物足りない感じがしました。
    でも、食事はとてもおいしく!地元の無農薬の野菜を使われているとのこと。満願寺ピーマン?!(ししとうとピーマンをかけあわせたもののようです)その割りに辛くもなく、焼いてそのまま種ごと食べられ、おいしい!!お肉もおいしかったし、自家製のお漬物もおいしかった。
    とても静かなところで、現実の忙しさから離れてのんびりしたい方にはお薦めです。

  • 和風ペンション まんがんじ山荘(満願寺温泉)について

    和風ペンション まんがんじ山荘(満願寺温泉)http://www.roten.or.jp/minamioguni/manganjisanso/


    住所
    〒869-2402
    熊本県阿蘇郡南小国町満願寺2319
    TEL:0967-42-1445
    FAX:0967-42-1445
    チェックイン:15:00
    チェックアウト:10:00
    交通アクセス
    JR久大本線 日田駅より車で50分/JR豊肥本線 阿蘇駅より35分
    駐車場
    有り 10台 無料 予約制・先着順


    住所:〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺2319
    TEL:0967-42-1445  FAX:0967-42-1445

    清流の里 山間の温泉郷 川沿いの露天風呂 700年の伝統
    部屋設備・備品 テレビ、お茶セット、ドライヤー、個別空調、
    石鹸(固形)、シャンプー、リンス、コンディショナー、ハミガキセット、カミソリ、タオル、スリッパ
    館内設備 宴会場

    特典 コーヒー券サービス、朝刊サービス、時間外チェックイン可

    食事場所 朝食:広間、食堂
    夕食:広間、食堂
    風呂 種類:家族風呂、天然温泉
    泉質:単純泉、弱塩泉
    効能:アトピー・湿疹、神経痛、冷え性

    カード 利用不可

    周辺のレジャー 渓流釣り、ゴルフ、パラグライダー、ハンググライダー、サイクリング、
    乗馬、ロッククライミング、登山、遊園地、動物園、フラワーパーク、テーマパーク、
    農業公園、しいたけ狩り

    条件・注意事項 お食事は原則として夕食18:30、朝食7:30となっております。
    入浴時間は22:30までになります。
    門限は原則として23:00までです。

    キャンセルポリシー 当日キャンセル・連絡なしの不泊は宿泊料金の100%を頂戴致します。

    身障者設備 盲導犬可

    TEL 0967-42-1445
    住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺2319
    チェックイン:15:00/チェックアウト:10:00
    駐車場:10台

    満願寺のお湯の良さは全国的に知られています。

    部屋数は8室(約30名)と、小さな宿ですが1階にはお風呂の他、舞台付宴会場を備え、長湯治、又旅の途中、ふと立ち寄られた方々にも、家庭的で、ゆったりとした雰囲気を味わっていただける様、心配りをしております。

    ■ご宿泊
     1泊2食(税別)/7,800円
     ※休前日も同じ

  • 和風ペンション まんがんじ山荘(満願寺温泉)について

    和風ペンション まんがんじ山荘(満願寺温泉)http://www.roten.or.jp/minamioguni/manganjisanso/


    住所
    〒869-2402
    熊本県阿蘇郡南小国町満願寺2319
    TEL:0967-42-1445
    FAX:0967-42-1445
    チェックイン:15:00
    チェックアウト:10:00
    交通アクセス
    JR久大本線 日田駅より車で50分/JR豊肥本線 阿蘇駅より35分
    駐車場
    有り 10台 無料 予約制・先着順


    住所:〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺2319
    TEL:0967-42-1445  FAX:0967-42-1445

    清流の里 山間の温泉郷 川沿いの露天風呂 700年の伝統
    部屋設備・備品 テレビ、お茶セット、ドライヤー、個別空調、
    石鹸(固形)、シャンプー、リンス、コンディショナー、ハミガキセット、カミソリ、タオル、スリッパ
    館内設備 宴会場

    特典 コーヒー券サービス、朝刊サービス、時間外チェックイン可

    食事場所 朝食:広間、食堂
    夕食:広間、食堂
    風呂 種類:家族風呂、天然温泉
    泉質:単純泉、弱塩泉
    効能:アトピー・湿疹、神経痛、冷え性

    カード 利用不可

    周辺のレジャー 渓流釣り、ゴルフ、パラグライダー、ハンググライダー、サイクリング、
    乗馬、ロッククライミング、登山、遊園地、動物園、フラワーパーク、テーマパーク、
    農業公園、しいたけ狩り

    条件・注意事項 お食事は原則として夕食18:30、朝食7:30となっております。
    入浴時間は22:30までになります。
    門限は原則として23:00までです。

    キャンセルポリシー 当日キャンセル・連絡なしの不泊は宿泊料金の100%を頂戴致します。

    身障者設備 盲導犬可

    TEL 0967-42-1445
    住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺2319
    チェックイン:15:00/チェックアウト:10:00
    駐車場:10台

    満願寺のお湯の良さは全国的に知られています。

    部屋数は8室(約30名)と、小さな宿ですが1階にはお風呂の他、舞台付宴会場を備え、長湯治、又旅の途中、ふと立ち寄られた方々にも、家庭的で、ゆったりとした雰囲気を味わっていただける様、心配りをしております。

    ■ご宿泊
     1泊2食(税別)/7,800円
     ※休前日も同じ

  • 竹ふえ(蔵床温泉)の口コミ情報

    だめ (竹ふえ)
    さら     評価:評価なし 2005年 12月 25日
    以前行きましたがオススメじゃないです。


    微妙でした。 (竹ふえ)
    あっこぶー     評価:★★★ 2005年 12月 7日
    お部屋や竹林等の雰囲気はすばらしく良かったのですが、女将や仲居さんの対応にがっかりしました。

    友達と二人、陶芸を予約していったのですが、着いてから先生が急病で出来ませんと言われました。そのために早く着くように行ったのに、朝からでも連絡してくれればその時間を無駄にすることもなかったのに、そういう心遣いもなくがっかりしました。
    部屋に案内されるときは、仲居さんがさっさと一人で行ってしまい迷子になりかけました。何とか勘でたどり着くことは出来ましたが、こちらは荷物も持っているし、なれない道で遅かったかもしれませんが、こちらのペースにあわせるなどの気遣いは欲しかったです。

    部屋はとても広くて囲炉裏もあり、とても落ち着ける雰囲気でした。浴衣もウサギさん柄でかわいくて良かったです。私たちは、お風呂の屋根が開閉できるお部屋を予約したのですが、屋根の開け方が分からず、仲居さんに尋ねたら「・・・分かりません。」と言われ「!?」と思い女将に尋ねても、「え~開くんですかね~?わからないので触らないで下さい。危ないから」と言う答えでした。屋根が開くという事でこの部屋を指定したのに納得がいかず再度問い合わせたら、男性を部屋によこしてくれました。(すると簡単に開きました。)仲居さんは百歩譲って知らなくてもしょうがないとしても、女将が自分の旅館の事を知らないとはあきれてしまいました。
    料理はまずいということはなく、普通においしくいただけました。ただ、仲居さんが部屋に入ってくるときに無言で入ってくるのでそのたびにびくびくしてしまいました。普通は「失礼します」とか一言声をかけるんではないでしょうか?

    最初に述べたように、お部屋や温泉など雰囲気は最高なのですが、女将や仲居さんの応対がそれを台無しにしていると思います。サービス業の基本的なことが出来ていないように感じました。これで、従業員の方の対応が良くなれば言うことないのですが、残念です。


    いいんじゃないですか。 (竹ふえ)
    大阪人     評価:★★★★ 2005年 11月 12日
    色々言われていますが、いいんではないですか。
    〈よかったこと〉①風呂。天飛という(和室ではなく)ベット付の部屋であった。部屋に露天と屋内の風呂が付属していたが、しっとりした、でも余り癖のない湯で、しかも、露天風呂はかなり広くて、外を見ながらぼんやり入るには最高だった。掛流しであったのも評価できる。外の大露天風呂も悪くはないが、部屋の風呂が優れていたため、わざわざ歩いて行く必要は感じなかった。②食事。決して「絶品」というほどのことはないが、熱い物がさめて出てくる、ということもなく、また、「まずい」というような物は出なかった。やや量が多いか。
    〈改善すべき点〉①食事。炉端の鉄板で焼くという趣向で牛肉、鶏肉、キノコ等が盛られた皿が出てきたが、牛肉の質が余り良くなかった。あれならば、出さない方がよい。おいしい鶏肉だけで十分ではないか。あるいは、一人二切れの牛肉ではなく、一切れにするとか。②食事の量が多く、また、上記のとおり暖かい物を暖かいうちに出そうと一生懸命なこともあって、女中さんは食事を持ってきて配膳する(炉端の周りに並べる)ので手一杯であった。食事内容の説明がないのは残念である。
    〈理解できないこと〉①室内のトイレに行く廊下の真ん中に一枚板が渡してあったが、その周りは緑のビー玉で一杯であった。意図が分からない。②寝室の入り口の足下(床)にガラスがはめられ、その下は水槽になっていて、蛍光灯で照らされていた。これも意図が分からない。③フロントがある建物は民芸調であったが、天井にミラーボールがつるされていた。これも意図が分からない。
    〈その他〉値段を考えると、例えば湯布院の玉ノ湯クラスには及ばないのは当然。サービスの細やかさ(例えば、フロントのある建物まで自分で荷物を持っていかなければならない。玉ノ湯は、夕方になると女中さんがずらっと並んでいる)、食事の内容、いずれもはっきり言って劣る。
    しかし、泊まった部屋の風呂は最高で、又、寝室も清潔で快適だった。
    気持ちよく風呂に入り、寝室でだらりと寝て、また、朝風呂に入って、それで二万円少々なら十分以上だと思う。


    思い出に残る宿になりました (竹ふえ)
    エイジ45     評価:★★★★ 2005年 11月 9日
    今回、友人の退院祝いに男3人で温泉に行こうと決め、雑誌で検討して予約しました。 簡単に決めたのですが、予約後にネットでいろいろ調べるとテレビで紹介されているものの、ここのクチコミで評価がバラバラだったりして、少しの不安を胸に11月5日(日)に訪れました。 雑誌で陶芸が送料負担のみの体験があるとのことで、予約し2時前に宿に到着、早速、大正15年生まれの先生に湯飲み作りの手ほどきを受けました。 簡易のロクロを使ってやりますが、初めての経験でマトモな形にはなりません。 それを先生は1人づつ元の形を基本に手直しをしてくださります。 これでは自分の作品ではないのでは?とも思いましたが、使用に耐えない作品を送ってもらうより、基本の形を生かしつつ修正された作品のほうがいいよなーと感じました。 この先生、2月に脳こうそくで倒れたそうですが、リハビリで今はまったく普通です。 このリハビリの体験話が今回、退院祝いで来た我々に大変な希望を与えてくれました。 友人はまだ声に障害が残っている状態なので。 この先生の話は陶芸で机に使っているラワン材や他の木材についてや、カメラの話、鉄砲の話、その他楽しく、ためになる話をしてくださります。 夕食時、仲居さんに先生のことを話したら「今の時間くらいに先生、露天風呂に入るけど、話好きだから1時間くらい付き合ったお客さんはノボセテしまったんですよ~」なんて言ってました。
     陶芸部屋から見た雨に濡れた青竹はキレイでしたねー。 我々の部屋は結構下ったところで、途中、食材等を運ぶモノレールの軌道が橋の上から見え、大名行列で殿様が乗る籠のようなものには、少し驚きました。(このモノレールを納めた会社のHPに竹ふえさん紹介されてます) 石段や橋全てに屋根がありますので、雨に濡れることなく、また部屋の数箇所に設置された脱臭除湿機のおかげで、快適な宿泊が出来ました。 夕食前に部屋個有の内風呂、露天風呂にて体をキレイにして、大露天風呂は夕食後に入りました。下から熱いお湯が出てきており、場所により熱めなので、心地良い場所を探して極楽気分を満喫。 風呂上り後も体がポッカポカ。 食事中は友人同士の積もる話に仲居さんが気を利かしてくださり、料理も視覚的にも良く、ビールを飲んだとはいえ、ご飯、最後のデザートで終了した時には男3人、「食った~!」と思わず声を出しました。 今回の感想ですが、確かに石段は歩きにくいし、部屋と大露天風呂の往復に標識がなくてわかりずらさもあります。 また、部屋付きの露天風呂途中に虫がいたり、枯葉が落ちてたりします。 でも良く考えてください。 あんな竹林の斜面に離れが点在し、快適に過ごせ、食事が出来、自分だけの露天風呂に入れるなんて、スゴイと思います。 お客様に快適なように個室の露天風呂の枯葉も2時までに取っているそうです。 こういった自然の場所に都会のホテルと同列の快適さを求めるのではなく、非日常の自然、お湯、食事、私的空間を求めるならば、私はいい宿だと思います。


    なんてことでしょう (竹ふえ)
    シノビアン     評価:★★★★★ 2005年 11月 3日
    さびれた宿の改装前かと思えるほどの、石積み場があったり、ホースやパイプがむき出しだったり、架け橋がぼこぼこでスリッパで歩くと爪がむけたり、散々でした。石場で滑りやすいと注意書きをするなら手摺りぐらい付けたらいいのにと思わずにいられませんでした。手作りで作った数々のオブジェには、竹の葉が詰まりまくって汚く、苔むしていてさしづめお化け屋敷の行灯かとも思えるほどでした。ランプ跡と思える造作も電球はひとつもともっておらず、なんで置いてあるのか意味不明でした。露天風呂にするために、屋根が動く仕掛けがあるものの、ガラガラと安っぽい音を立てるので恥ずかしくてすぐ閉めました。
    自然に帰れといわんばかりのその様相は、さぞかしルソーもビックリです。
    きっと作ったときから手入れをしてないんでしょうね。
    パンフレットにご用心。新装開店を乞うご期待。


    最高でした! (竹ふえ)
    るな     評価:★★★★★ 2005年 10月 16日
    この間の連休に「竹ふえ」に行って来ました。まずお部屋は離れ(天飛)でとても雰囲気があり一目で気に入りました。浴衣等もうさぎさんで統一されていてかわいい!!

    お部屋の露天風呂も温度、雰囲気ともに最高!お食事も趣向をこらしたもので、仲居さんが何回にも分けてお部屋に運んで下さるので最後まで温かいものは温かくいただけました。朝食のご汁の味付けにも感動しました。

    また担当の仲居さん(Nさん)がとても親切で、いろいろ心配りをしてくださったりお勧めの近郊スポットを教えてくださったりと、本当に気持ちよくすごす事ができました。また是非行きたいと思っています。絶対オススメの宿です!!!


    失望でした… (竹ふえ)
    さやか     評価:★ 2005年 8月 5日
    私も先日、竹ふえに宿泊してきてガッカリしました。
    まず露天風呂にがっかりです。
    大浴場までの足場の悪さ(滑りやすく、お年寄りには厳しいです)、脱衣所の狭さ(夏場だと蒸し風呂地獄です。)、洗い場の狭さ(シャワーと青いホース各1本づつ)。
    また、内風呂にもがっかりです。
    まず、お湯がでませんでした。何度も女将さんに連絡はしたのですが、結局笑いながら「なんででしょうね~」と言われて、そのまま終わってしまう始末。内風呂のお湯の温度も低かったので、おかげでガタガタ震えながら内風呂でした。この時の宿の対応は最悪でした。
    つぎにお料理にがっかりです。
    川床が夏季限定ということで、期待していたのですが工事中ということで諦めたのですが、お料理に対する心遣いの無さが感じられました。温かいはずのスープ、お椀、茶碗蒸が冷めた状態で出されました。また、ご飯もパサパサ水気がふっとんでいました。とりわけ創作料理という訳でもなく、お肉の質も都会で食べるのと同じレベルでした。がっかりです。
    また、施設状況にもがっかりする点が多数ありました。
    部屋の内風呂にはくもの巣がたくさんあるやら、テレビのチャンネルがガムテープで応急処置してあるやら…。
    まったくあまりの不愉快でせっかくの旅行が台無しとなった宿です。ぼったくりもいいところです。


    竹ふえ感激 (竹ふえ)
    トモ     評価:★★★★★ 2005年 7月 8日
    私もじーくんさんの意見と同様、竹ふえの意見が悪く書かれてるのがスゴク残念に思います。私は今年の2月に竹ふえに宿泊したんですけど、かなりかなり満足でした♪土曜の朝に放送してる「旅サラダ」でみわちゃん(ぴんくの電話)が行ってるのを見て、絶対行きた~いと思った宿の一つで、行ってみたところ期待を裏切らない宿でしたよ!!
    私が宿泊した部屋は、内風呂と露天風呂(両方とも岩風呂♪)がついて、なおかつロフトまで・・・☆★☆洞窟風呂も行きたかったんですけど、部屋のお風呂と男女それぞれのお風呂で充分満喫できましたよ!料理もかなりのボリュームで・・・(~o~)かなり美味しかったです!!私の泊まった部屋はすごく下の方で遠かったので、そこまで料理を運んできてくれた仲居さんに申し訳ないような気がしちゃいました。話を聞いたところ、階段が岩なので、すごく大変らしいです(>_<)それでも、出来立てのものを運んでくださいました☆おいしかったですよ!それと、是非オススメしたいのは、陶芸です!!時間が決まっているみたいなので、電話で聞いたほうがいいと思います!教えてくださるのは、な・・・なんと会長さんです!!長々と書きましたが、竹ふえ大好きです♪私もいろんな友達にすすめてます!!お金を貯めてまた行くぞー!!


    抜群でした! (竹ふえ)
    じ-くん     評価:★★★★★ 2005年 6月 19日
    近所にコンビニがないなんてわかってたし、こもって温泉三昧を予定していた私たちには、満点でした。クチコミには、枯葉が風呂に浮いている、汚いといったコメントがありますが、あの竹林で枯葉が出ない事のほうが異常事態です。温度はちょうどよしでした。部屋の照明は、入った当初は暗く感じましたが、数分すれば眼が慣れるので全く気にならず。むしろ、ホテルのほうが照明は暗いはずです。竹ふえはオーナーさんが、現在進行形で旅館作りしているといったところでしょうか。黒川周辺が15000円台であるのに対し、20000円台といったコストパフォーマンスですが、外来入浴のお客さんが21時までいてごった返すこともなく、部屋付き露天でだっていくらでも湯三昧できます。むしろ、安いほうです。湯は、あがってからタオルが要らないくらいしっとりなのに、さっぱりと肌が乾く、絶妙な湯でしたよ。夕食のラム肉は臭みは全くないし、バーベキューしているようで夫婦でとっても楽しめました。さらに、冷蔵庫のドリンクですが非常に良心的な値段だった事、ご存知ですか?スタッフは非常に丁寧で、好感が持てました。クチコミを読んで思ったのは、異常に悪く取り立てているようなそんな印象を持ちました。当日連泊している東京の老夫婦(それは上品な二人でした)も、非常に満喫されていましたよ。翌日は亀の井別荘に宿泊しましたが、現在進行形オーナーの遊び心溢れる竹ふえと比較するには視点が違いますね。竹ふえはオーナーと一緒になって癒され、楽しむ宿です。完璧を求めるなら一人50000円の老舗名門旅館へ行くしかないのではないでしょうか?今回の旅行9泊中、帰ってから最も話題に上るのは竹ふえです。


    正直がっかり・・ (竹ふえ)
    はな     評価:★★ 2005年 6月 13日
    まず、着いてすぐに露天に向かったところ、熱すぎてとても入れる状態ではなく、仕方なくシャワーをあびて部屋に戻りました。
    そしてお部屋のお風呂でリベンジ!と思ったのですがここも同様。しかもお風呂は虫の死骸と落ち葉がかなり浮いていて、まずはそれをどけないと入れない状態。結局お湯に入れないまま夕食。
    仲居さんにお湯の温度を聞いてみたら、その日はお湯の管理の担当の方が連休で調整ができないとのこと。他の部屋のお客さんからも同様の苦情があったとのこと。
    とりあえず部屋のお風呂にはホースをつないでお水をたして(これも自分たちで)なんとかお湯につかりました。
    でも、温泉に来たのにお風呂に入れないなんてありえない!
    自然に囲まれた環境で虫が入るのは仕方ないにしても、もう少し事前にチェックをするとかの気遣いが欲しかったです。
    食事も・・。お風呂のショックが大きかった為か、あまりおいしくは頂けなかったです。ラム肉の塊がでて、臭みがきつくて食べられず。普通のお肉で十分なのに・・。かなり大き目のたけのこも出され、これも焼くだけではえぐみが。
    結局チェックアウトの際もお湯について何も触れられず、しっかり宿泊代だけは徴収されました。印象から言うとかなり割高感があります。
    ちなみに今まで行った中では、近くの彩の庄がお奨めです。


    竹ふえ (竹ふえ)
    温泉好き     評価:評価なし 2005年 6月 4日
    温泉に笹の枯葉が無数に沈んでおり、とても嫌な気分でした。
    洗い場も落ち葉だらけで排水の穴の所に溜まり・・・お湯も
    流れず ちゃんとお掃除してもらいたいです・・。

    部屋の温泉はとても雰囲気もよく素敵でした。
    アメニティに足袋もあり、ちょっとうれしかったです。

    食事は お部屋の囲炉裏でとても雰囲気よくてよかったのですが
    量は少なめで味付けは極薄すぎて、何を食べても食べた感じが
    しませんでした・・がっかりです。

    何よりも仲居さんの一言でとても傷つきました。
    当方子供が1人しか居りませんが、「あらひとりなの?寂しいわねぇ。」 と、言われてしまいました。
    私は病気をわずらっている為 必死の思いをして産んだ子供です。「私なんか3人もいるのよ」・・・と言われましても
    産もうと思っても産めない体の私にとって その言葉は暴力です。 何人も産んだ方はそのようにおっしゃる人 多いですが
    せっかく来たこちらでもそのように言われてしまい、深く傷つきました・・。癒しにきたのに あんまりです・・・。


【じゃらん】国内6000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!
Google
 
Web kurokawaonsen.main.jp


***********************************************************
6/26 黒川温泉の無料開放日だそうです。入湯手形で入浴できる宿は時間帯によって混雑の状況が違うようです。無料開放日は大混雑が予想されますので、前もって混雑状況を尋ねるといいかもしれません。 ***********************************************************